婦人

フェルラ酸サプリで認知症に打ち勝つ|脳のお守り

強い抗酸化作用と殺菌力

ハチミツ

ハチからたくさんの恩恵を受けています。その一つにプロポリスがあります。40種類以上のフラボノイドが特徴です。抗酸化作用と抗菌殺菌力に優れています。プロポリスの原液は病気予防から美容まで幅広く利用されています。

もっと詳しく

母乳に含まれる栄養成分

薬剤

母乳には免疫力の弱い赤ちゃんを細菌やウイルスから守るラクトフェリンという成分が含まれており、免疫細胞も活性化させてくれます。このラクトフェリンの効能が口コミで広がり、配合サプリメントの人気が高まっています。胃酸に強く吸収効果の高い製品を選ぶことで、成人でも免疫力アップなど健康効果が期待できます。

もっと詳しく

ホルモンを整えたい時に

悩む女性

エクオールはテレビ番組でも取り上げられている、注目の新成分です。女性ホルモンと同じ働きをすることでも知られており、サプリメントなども多く販売されています。更年期障害や肌荒れ、腸内環境などの改善にも役立つ物質です。

もっと詳しく

認知症予防に米ぬかの効能

メディシン

米ぬか成分の抗酸化力

日本人は昔から米を主食としていましたが、現在のように白米を食べるようになったのは比較的最近のことだと言われています。かつては玄米を食べるのが当たり前だったことから、玄米に含まれる種皮や胚芽などの米ぬか成分も同時に摂取していました。精米することで味は良くなりますが、失われる米ぬかには貴重な栄養成分も少なくありません。中でもフェルラ酸と呼ばれる成分には、ビタミンにも負けないくらいの高い抗酸化力が秘められています。フェルラ酸は植物の細胞壁を構成する物質の1つで、米の他にも麦やコーヒー・果実の種などに含まれています。このフェルラ酸が体内の活性酸素とよく反応することが判明しており、健康や病気予防に役立てることを目的とした研究が進められてきました。人間の体内ではエネルギー変換の過程や紫外線の影響によって、活性酸素と呼ばれる有害物質が絶えず発生しています。活性酸素の中でも強力な酸化力を持つヒドロキシラジカルという種類は、細胞に深刻なダメージを与えて老化の原因となります。活性酸素の作用で細胞が損傷を受けるとさまざまな病気を引き起こしますが、これが脳で起きると認知症の原因にもなるのです。

活性酸素除去で認知症予防

千億個以上の神経細胞とその間を埋めるグリア細胞によって構成される脳の中で、認知機能に深く関わっているのは情報伝達を担う神経細胞です。活性酸素の悪影響で神経細胞がダメージを受けると、細胞の老化によって脳にアミロイドβという異常なたんぱく質が蓄積されます。このアミロイドβがアルツハイマー型認知症の原因物質だということが判明していることから、活性酸素除去が認知症予防のカギとなってくるのです。活性酸素を効果的に除去できるフェルラ酸も、米ぬか摂取量が激減した現代日本人の食生活では不足してしまいます。幸いにしてフェルラ酸サプリが製品化されていますので、これを生活の一部に取り入れることでフェルラ酸の確保が可能です。フェルラ酸サプリを摂取することで脳の抗酸化力も高まり、アミロイドβが蓄積されにくくなります。フェルラ酸サプリの力で神経細胞細胞間の反応を高めながら老化を防いでいれば、高齢になっても認知機能が維持されるのです。昔の日本人は玄米やぬか漬けなどを通じて無意識のうちにフェルラ酸を摂取していました。現代の日本人でもフェルラ酸サプリを上手に活用すれば、失われかけた米ぬかの効能を取り戻せるのです。