母乳に含まれる栄養成分|フェルラ酸サプリで認知症に打ち勝つ|脳のお守り
ウーマン

フェルラ酸サプリで認知症に打ち勝つ|脳のお守り

母乳に含まれる栄養成分

薬剤

細菌やウイルスから守る

近年では粉ミルクが普及していますが、出産したら母乳で赤ちゃんを育てたいと思っている女性も少なくありません。母乳には特有の栄養分が多く含まれているため、粉ミルクよりも理想的だとする意見もあります。生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が低く、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱い面は否定できません。母乳に含まれるラクトフェリンという糖タンパク質は抗菌作用や抗ウイルス効果を持っており、赤ちゃんを細菌やウイルスから守ってくれます。ラクトフェリンは細菌から鉄分を奪ってその細胞膜も弱体化させ、赤ちゃんの腸内に善玉菌を増やす働きをしてくれるのです。細胞へのウイルス侵入も防ぐラクトフェリンは、特に出産後数日間に分泌される母乳での含有率が高いと言われています。ラクトフェリンの働きとしては、細菌やウイルスに対する効果に加えて免疫細胞を助ける作用も見逃せません。特に好中球やマクロファージ・NK細胞といった自然免疫系を刺激してくれるため、細菌やウイルスへの抵抗力が身につきます。子供を守ろうとする母性本能を凝縮したようなラクトフェリンの効能が口コミで広がり、現在では配合サプリメントの人気が高まっているのです。

吸収効果を高める工夫

こうした効能は粉ミルクのメーカーでも把握しており、自社製品にラクトフェリンを配合するメーカーが増えています。免疫力を必要とするのは赤ちゃんばかりでなく、細菌やウイルスに対する抵抗力を身につけているはずの大人も例外ではありません。この有用成分を摂取すれば感染症の予防につながり、健康にも役立つと期待されるのです。ラクトフェリンは牛乳や乳製品にも含まれていますが、成人になると乳成分の吸収力は低下してしまいます。乳酸菌などと同じく胃酸に弱い面もあるため、通常の食事では十分な量を摂取できない点も否定できません。口コミで人気が広がっているサプリメントは、胃酸に耐えるようカプセルにラクトフェリンを封じ込めるなどの工夫がされています。そのような腸溶性サプリメントは腸での吸収効率も高く、実際に免疫力アップの効果を実感した人の多さが口コミにつながっているのです。ラクトフェリンには免疫力を向上させる効果ばかりでなく、抗酸化作用や糖質代謝改善効果も臨床試験や動物実験で証明されてます。インターネットの口コミ情報なども参考にしながら、自分に合ったタイプのサプリメントを選ぶようにするといいでしょう。